MENU

銀行振込で入出金できるブックメーカー

最近は多くのブックメーカーが銀行振込による入出金に対応するようになりました。本記事では銀行振込での入出金ができるブックメーカーや利用上の注意点などについて詳しく解説してみました。

>銀行入金・出金できるオンラインカジノ

目次

銀行振込で入出金できるブックメーカー

銀行振込での入出金ができるブックメーカーとして紹介するのは以下の10サイトです。

オンラインカジノ 銀行振込入金 銀行振込出金
クイーンカジノ 50ドル~5000ドル 50ドル~5000ドル
ボンズカジノ 1000円~20万円 非対応
カスモ 25ドル~5000ドル 500ドル~5000ドル
コニベット 20ドル~4万7500ドル 40ドル~10万ドル
ギャンボラ 10ドル~5000ドル 200ドル~5000ドル
188bet 1000円~50万円 1000円~50万円
スポーツベットアイオー 5000円~200万1円 1万円~200万1円
賭けっ子リンリン 5000円~50万円 1200円~35万円
ワンバイベット 1ドル以上 1.50ドル以上
kakeyo 1000円~50万円 4000円~50万円

それぞれのブックメーカーを利用するメリットについても、詳しく解説します。

クイーンカジノ】24時間365日の銀行振込入出金対応のブックメーカー

銀行振込で入出金できるクイーンカジノ

>【公式】クイーンカジノ

銀行振込入金可能額 50ドル以上5000ドル以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 50ドル以上5000ドル以下
銀行振込出金手数料 無料

クイーンカジノは銀行振込による入出金ができるブックメーカーです。元々は利用可能な時間が限られていたものの、2021年3月に行われたサイトリニューアルに合わせて、24時間365日対応となりました。

24時間365日銀行振込で入出金できるクイーンカジノ

そのためクイーンカジノにおいてスポーツの賭けを楽しみたいと思った時には、すぐにベットを楽しむことができます。

入金に際してはお得なボーナスを受け取れる機会も多くあるので、有効に活用するようにしましょう。

クイーンカジノの入金ボーナス

ボーナスはカジノ部門のみならずスポーツ部門でも利用可能です。さらに出金条件消化率はスロットと同じ100%に設定されているため、かなり効率よく条件を消化することができます。

ゲーム別ボーナスの賭け金額としてカウントされる割合:

    • 100% スロット/ビデオスロット
    • 100% スポーツベット
    • 100% eスポーツ
    • 100% バーチャルゲーム
    • 15% オアシスポーカー
    • 15% ポンツーン
    • 15% プントバンコ
    • 15% カリビアンポーカー
    • 15% ビデオポーカー(全てのタイプ)
    • 15% ブラックジャック(全てのタイプ)
    • 15% ルーレット(全てのタイプ)
    • 15% バカラ(全てのタイプ)
    • 15% インスタントゲーム

    引用元:QueenCasino キャンペーン一般利用規約 (queen-casino.com)

    ボンズカジノ】スポーツブックならボーナスのベットリミットなしの銀行振込入金対応ブックメーカー

    銀行振込で入金できるボンズカジノ

    >【公式】ボンズカジノ

    銀行振込入金可能額 1000円以上20万円以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 非対応
    銀行振込出金手数料 非対応

    ボンズカジノも銀行振込で入金できるブックメーカーです。現状は入金対応のみなので、出金手段として銀行送金を利用することはできません。

    ボンズカジノでもクイーンカジノと同様にお得な入金ボーナスをスポーツブックでも利用することができます。

    ボンズカジノの入金ボーナス

    初回入金ボーナスとして受け取れる最大20万円という金額は、業界でも最高レベルのお得さなので必見です。

    またボンズカジノのボーナスは、カジノで利用する場合は最大20%というベットリミットの規制を受けますが、スポーツブックの場合は上限なしで自由にベットすることができます。

    30.1.5.5 20%の最大ボーナス賭け金のルールはスポーツベットには適用されません。つまり、賭けることができる最大額は、ボーナス賭け金のルールに示されている利用可能な最大ベットによってのみ制限されます。
    引用元:Bonsカジノ〜最高オンラインカジノゲームやボーナス

    高額ベットで一気に消化することも可能なので、なるべく使い勝手の良いボーナスを探している方には必見です。

    カスモ】カジノや麻雀もプレイできる銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるカスモ

    >【公式】カスモ

    銀行振込入金可能額 25ドル以上5000ドル以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 500ドル以上5000ドル以下
    銀行振込出金手数料 無料

    カスモも銀行振込による入出金ができるブックメーカーです。

    以前は入金に利用できる銀行が限られていたものの、指定口座に振込を行うという入金形式に変更したこともあり、日本国内すべての銀行口座を入金に利用できるようになりました。

    カスモはスポーツブックのみならず、カジノ部門、さらに麻雀部門も併設しています。

    カスモのカジノ部門、麻雀部門

    1つのアカウントだけで3つものギャンブルを同時に楽しめるというのは、業界でもなかなか貴重な存在です。

    カスモと言えばお得なボーナスが大きな魅力ですが、スポーツ部門でも初回入金ボーナスが用意されています。

    カスモのスポーツ部門入金ボーナス

    最大250ドルの100%ボーナスという内容です。出金条件はわずかに8倍ということで、かなり出金しやすいボーナスとして高い人気を得ています。

    登録から7日以内に受け取らなければならないという期限設定がありますので、カスモのアカウント登録後はすぐに初回入金ボーナスを利用するようにしましょう。

    コニベット】独自のベット方法が魅力の銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるコニベット

    >【公式】コニベット

    銀行振込入金可能額 20ドル以上4万7500ドル以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 40ドル以上10万ドル以下
    銀行振込出金手数料 無料

    コニベットは2020年10月に銀行振込による入出金を導入したブックメーカーです。入出金時のドル円レートは1ドル=105円で固定されています。

    入出金時のドル円レートは1ドル=105円で固定

    そのため入出金の都度、わざわざ為替の計算をする必要がありません。さらに通常のレートと比べると円高気味に設定されているため、日本人にとっては有利な形で決済することができます。

    コニベットのスポーツ部門は、「日本式ハンディキャップ」という独自の賭け式を採用しているのが大きな魅力です。

    「日本式ハンディキャップ」という独自の賭け式

    日本式ハンディキャップでは10%単位でハンディキャップを設定できるという特徴があります。そのため小額でも勝利金を着実に回収していくことが可能です。

    ギャンボラ】ベットに役立つ統計データが豊富な銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるギャンボラ

    >【公式】ギャンボラ

    銀行振込入金可能額 10ドル以上5000ドル以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 200ドル以上5000ドル以下
    銀行振込出金手数料 20ドル

    ギャンボラも銀行振込による入出金に対応しているブックメーカーです。

    出金下限額は200ドルとかなり高めに設定されているので、大きく資金が減少してしまうことがないように、資金を維持しながらベットすることが重要です。

    出金下限額は200ドルとかなり高めに設定

    また出金手数料が必ず20ドル発生することを踏まえると、入金後はなるべく20ドル以上の利益を獲得することを目指しましょう。

    ギャンボラでは賭けに際して参考になる統計データがかなり充実しています。

    全く知らないスポーツや全く知らないチームに賭ける場合であっても、統計データを活用することで、勝率を高めることができるはずです。

    188bet】スポーツリベートが魅力の銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できる188bet

    >【公式】188bet

    銀行振込入金可能額 1000円以上50万円以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 1000円以上50万円以下
    銀行振込出金手数料 無料

    188betも銀行振込による入出金ができるブックメーカーです。2020年初頭から長らく銀行振込がメンテナンスにより使えない状況が続いていたものの、2021年の夏頃についに復旧しました。

    188betは業界でも随一の稼ぎやすいブックメーカーということで高い人気を誇っています。特に毎週上限なく稼げるリベートボーナスは必見です。

    188betのリベートボーナス

    レート的には最大でも0.38%ということで高くはないものの、スポーツブックに賭ければ賭けた分だけリベートボーナスを稼ぐことができます。出金条件はわずかに1倍しか付帯しないというのも大きな魅力です。

    ちなみにリベートボーナスは一定期間以上連続して稼ぐことで、金額を上乗せできるというオプションもあります。

    ボーナス継続月数 週間還元ボーナス
    週間レベル 週間還元率
    1ヶ月 1 0.18%
    継続して2 ヶ月 2 0.28%
    継続して3 から 5 ヶ月 3 0.38%

    引用元:キャンペーン|オンラインカジノゲーム・スロットのブックメーカー【188BET】

    その他入金ボーナスなども充実しているため、メインで利用するのもおすすめのブックメーカーです。

    スポーツベットアイオー】自分でオッズを上乗せできる銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるスポーツベットアイオー

    >【公式】スポーツベットアイオー

    銀行振込入金可能額 5000円以上200万1円以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 1万円以上200万1円以下
    銀行振込出金手数料 無料

    スポーツベットアイオーもSumo Payという決済オプションを利用することにより銀行振込入出金ができるブックメーカーです。

    スポーツベットアイオーは数あるブックメーカーサイトの中でも、特に利用する価値が高いブックメーカーとして有名です。

    スポーツベットアイオーがおすすめされる最大の理由として、「プライスブースト」という機能の存在が挙げられます。

    スポーツベットアイオーの「プライスブースト」

    プライスブーストとはプレイヤーの任意でオッズを高められる機能です。例えば本来1.5倍のオッズのところ、プライスブーストを利用することで1.7倍で賭けられるようになります。

    ブックメーカーで稼ぐ上では、いかに高いオッズにベットするかが非常に重要です。スポーツベットアイオーではプライスブースト機能のおかげで、他のブックメーカーよりも有利なオッズで賭けを行うことができます。

    しかも各スポーツ種目に関して、1日1回利用可能です。とにかく毎日1回有利なオッズで賭けて行けば、着実に資金を増やし続けることができます。

    賭けっ子リンリン】日本市場での最大人気を誇る銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できる賭けっ子リンリン

    >【公式】賭けっ子リンリン

    銀行振込入金可能額 5000円以上50万円以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 1200円以上35万円以下
    銀行振込出金手数料 無料

    賭けっ子リンリンも銀行振込での入金できるブックメーカーです。現状出金手段としては利用できません。

    賭けっ子リンリンは10betから2021年10月に商号を変更して誕生したブックメーカーです。10betと言えば「ブックメーカー界のベラジョンカジノ」と言われるほど、日本では最大人気を誇るブックメーカーとして知られていました。

    日本円が利用できたり、日本語サポートが充実していたりと、日本人にとってかなり利用しやすい環境が整っています。

    賭けっ子リンリンのスポーツ部門ボーナス

    スポーツ部門で使える様々なボーナスも充実しているので、どのブックメーカーを選ぶべきか悩んでしまっている場合は、賭けっ子リンリンを選んでおけば間違いありません。

    ワンバイベット】業界ナンバーワンの銀行送金スピードが魅力の銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるワンバイベット

    >【公式】ワンバイベット

    銀行振込入金可能額 1ドル以上上限なし
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 1.50ドル以上上限なし
    銀行振込出金手数料 無料

    ワンバイベットも銀行振込による入出金ができるブックメーカーです。通常ブックメーカーからの銀行振込出金は着金までに時間がかかるものの、ワンバイベットはわずか数分で口座に着金させたとうような口コミも見られました。

    しかも土日でも即日着金しているというような事例も多いため、とにかく稼いだ勝利金をスピーディに現金化したいと考えているユーザーには必見のブックメーカーです。

    またワンバイベットは、アカウント登録時に一切個人情報の提供を必要としないというメリットもあります。

    登録ボタンをクリック

    すぐにアカウント登録が完了

    わずか数クリックするだけで簡単にアカウント登録が完了するため、「登録時に個人情報を提供するのは不安が大きい」と考えている方にはワンバイベットがおすすめです。

    しかし運営会社情報やライセンス情報が確認できないという点で、やや不安な面もあります。

    運営会社情報やライセンス情報が確認できない

    kakeyo】コンボベットで一気に稼げる銀行振込入出金対応ブックメーカー

    銀行振込で入出金できるkakeyo

    >【公式】kakeyo

    銀行振込入金可能額 1000円以上50万円以下
    銀行振込入金手数料 無料
    銀行振込出金可能額 4000円以上50万円以下
    銀行振込出金手数料 無料

    kakeyoも銀行振込による入出金ができるブックメーカーです。kakeyoはそこまで知名度が高いわけではないものの、ボーナスやコンボベットによる稼ぎやすさがユーザーから高く評価されているブックメーカーです。

    例えば初回入金時には最大1万円の100%ボーナスを貰えます。

    kakeyoの初回入金ボーナス

    出金条件はわずか6倍しかないため、業界でも屈指の条件の甘さです。

    また通常のベットにおいては、複数のオッズを組み合わせたコンボベットを行うことで、お得に勝利金を増やすことができます。

    kakeyoのコンボベットボーナス

    25個以上のオッズを組み合わせたコンボベットを成功させた場合には、通常のオッズ配当に加えてさらに25%も勝利金を上乗せすることが可能です。

    コンボベットに際しての下限オッズの規定はないため、1.2倍程度のオッズばかりを組み合わせることで、小さなリスクでも大きく稼げる可能性があります。

    ブックメーカーに間接的に銀行振込で入金する方法を解説

    ブックメーカーはすべてのサイトが銀行振込での入金に対応しているわけではありません。まだまだ銀行振込の導入が遅れているブックメーカーもあります。

    しかし後述する方法を利用すれば、間接的に銀行振込でブックメーカーに入金することが可能です。具体的な間接入金方法として、4つの方法を解説します。

    エコペイズを経由して間接的に銀行振込入金

    ブックメーカーに間接的に銀行振込で入金する方法として、最も一般的なのはエコペイズを経由する方法です。

    ブックメーカーに入金できるエコペイズ

    エコペイズはほぼすべてのブックメーカーで入出金手段として利用できるため、業界でも有数の使い勝手が良い決済サービスとして知られています。

    銀行振込によるエコペイズ口座への入金もかなりスムーズに行われるため、待たされるストレスを味わう心配がありません。

    スティックペイを経由して間接的に銀行振込入金

    ブックメーカーに銀行振込で間接入金する方法としては、スティックペイを経由するという方法もあります。

    銀行振込の間接入金方法として利用できるスティックペイ

    スティックペイ対応のブックメーカーもそこまで数は多くないものの、比較的利便性が高い決済方法です。資金をATM出金できるといった強みもあり、今後さらに利用可能なブックメーカーが多くなることが期待されています。

    マッチベターを経由して間接的に銀行振込入金

    ブックメーカーに銀行振込で間接入金する方法としては、マッチベターを経由する方法もあります。

    銀行振込の間接入金方法として利用できるマッチベター

    マッチベターは電話番号が紐づけられたスマートフォンからのみアプリにアクセスできるため、安全性が抜群です。なるべく安全に資金を管理したいと考えている方にとっては、非常に利用価値が高いと言えます。

    仮想通貨ウォレットを経由して間接的に銀行振込入金

    銀行振込でブックメーカーに間接入金するには、仮想通貨ウォレットを経由するという方法もあります。

    仮想通貨を直接ベットできるブックメーカーの場合は、高額のボーナスを貰えるなど魅力も盛りだくさんです。

    銀行振込の間接入金方法として利用できる仮想通貨ウォレット

    しかし価格変動の激しさなど、法定通貨とは異なる使い勝手に戸惑うケースも多々あります。最終的には好みの問題ですが、筆者としてはそこまでおすすめできる方法ではありません。

    ブックメーカーの入出金に銀行振込を利用する際の注意点

    ブックメーカーの入出金手段として銀行振込を利用する上では、いくつかの注意事項があります。非常に利便性が高い入出金方法であるものの、しっかり注意点を把握して、利用上のデメリットも理解しておきましょう。

    ブックメーカーの入出金に利用できるのは本人名義の銀行口座のみ

    ブックメーカーの入出金として使える銀行口座は、ブックメーカーのアカウントと同一名義の口座のみです。いかなる理由があったとしても、第三者名義の口座で入出金することはできません。

    第三者名義から指定口座に振込を行っても、正しく入金は反映されません。そればかりか資金を戻してもらえない可能性もあります。

    そのため必ずブックメーカーのアカウントと同一名義の銀行口座を利用するようにしてください。

    ブックメーカーへの銀行振込手数料はユーザーが負担する

    ブックメーカー側で銀行振込の入金手数料を無料としている場合であっても、実際には振込手数料が発生します。振込手数料はユーザーの負担です。

    例外的に振込手数料が発生しないのは、指定された口座と同一の銀行から振込を行うケースのみとなります。

    実際にいくらの振込手数料を要するのかは、銀行ごと、また金額によりけりです。例えばゆうちょ銀行の場合は、他行あての振込手数料に関して以下の通り定めています。

    取扱内容 料 金
    5万円未満 5万円以上
    (他の金融機関口座への送金) 窓口 660円 880円
    ATM 220円 440円
    ゆうちょダイレクト 220円 440円
    ゆうちょBizダイレクト 220円 440円

    引用元:お金を送るには(ゆうちょ銀行口座→他の金融機関口座への振込)-ゆうちょ銀行 (japanpost.jp)

    銀行口座の残高満額分の入金申請をした場合、残高不足により入金できなくなってしまうので注意しましょう。

    ブックメーカーの銀行振込入金はきちんとした手順を踏まないと正しく反映されない

    ブックメーカーに銀行振込で入金する場合には、必ず以下の手順を踏む必要があります。

    1. ブックメーカーで入金申請
    2. ブックメーカーから振込先口座に関する情報が伝達
    3. 指定口座に申請金額分の入金を行う

    過去に何度か銀行振込で入金したことがある場合には、「もう口座が分かっているから」という理由で、1番目のステップを省略しようと考える人もいるでしょう。

    しかしブックメーカーとしては入金申請があって初めて入金を受け付ける準備をするため、突然振込が行われても、うまく対応できない可能性があります。

    また振込先口座も常に同じとは限りません。口座が変更されたにも関わらず、古い口座に振込を行ってしまった場合には、当然正しく入金が反映されるわけもありません。

    慣れてくると面倒くさいと感じてしまうかもしれませんが、必ず所定の手順を踏んだうえでブックメーカーに銀行振込で入金するようにしてください。

    ブックメーカーの銀行振込入出金は電子ウォレットに比べると反映は遅い

    ブックメーカーの銀行振込の入出金は、電子ウォレットと比べると反映が遅いという点も難点です。

    電子ウォレットの入金は原則即時アカウントに反映されますが、銀行振込の場合は1営業日を要するなんていうケースもあります。

    また出金も、電子ウォレットは高速で行われるとしても、銀行送金の場合は数日程度の日数を要するというケースはざらです。

    銀行送金での出金はどれだけスピーディであったとしても、1営業日は要すると考えておきましょう。

    結果的に、ブックメーカーから直接銀行送金をするよりも、電子ウォレットを経由した方がスピーディに現金化できるというケースもあります。

    銀行振込での入出金には様々なメリットがありますが、縫う出金ともに反映に時間がかかる点は、最大のデメリットとして捉えておきましょう。

    『関連記事』
    ヴィーナスポイントで入出金できるブックメーカー

    ブックメーカーは銀行振込以外で入金すると銀行送金で出金できない場合がある

    ブックメーカーの入出金は、基本的に同一の方法で行うことを原則としています。例えばエコペイズで入金した場合には、エコペイズにしか出金できないという具合です。

    そのため銀行送金で出金したい場合には、銀行振込で入金することが原則となります。

    もちろん細かい規定はブックメーカー各社によりけりですが、銀行送金での出金を検討しているならば、最初から銀行振込で入金するようにしましょう。

    ちなみにクレジットカードで入金した場合には、例外的に銀行送金で出金できる場合があります。

    『関連記事』
    ブックメーカーの入金方法!入金の種類と入金の仕組み・おすすめ入金方法
    ブックメーカーの出金方法!出金の種類と出金の仕組み

    本人確認のためにインターネットバンキングのスクリーンショットが必要

    ブックメーカーでは資金を出金できるようにするために、本人確認を行うことを原則としています。身分証明書や住所確認書類のほか、入金に利用した決済方法の認証も必要です。

    銀行振込で入金した場合には、インターカジノバンキングのスクリーンショットを鄭州することが求められます。

    口座番号と口座名義が見える、ブックメーカーへの振込履歴が分かるなど、スクリーンショットの撮影に際して色々と細かい条件が設定されますので、しっかりと従うようにしてください。

    決済方法の提出後、実際に認証されて出金できるようになるまでには、一定の時間を要することもあります。

    なかなか認証されずに出金できない状態が続くのは大きなストレス要因にもなりますので、なるべく早めに認証を完了させておくようにしましょう。

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる