MENU

クレジットカードで入出金できるブックメーカー

クレジットカードはブックメーカーにおいて利用されることが多い入金方法です。本記事ではクレジットカードで入金できるおすすめのブックメーカーやクレジットカード利用上の注意点などを詳しく解説してみました。

>クレジットカードで入出金できるオンラインカジノ

目次

クレジットカードで入出金できるブックメーカー

クレジットカードで入金できるブックメーカーとして紹介するのは以下の11サイトです。

オンラインカジノ クレジットカード入金 対応ブランド
クイーンカジノ 30ドル~1000ドル VISA/JCB/Mastercard
ボンズカジノ 500円~25万円 VISA/JCB/Mastercard
カスモ 15ドル~2000ドル VISA/JCB/Mastercard
ギャンボラ 10ドル~2500ドル JCB/Mastercard
カジ旅 15ドル~2500ドル VISA/JCB/Mastercard/DISCOVER
NetBet 10ドル~2500ドル VISA/JCB/Mastercard
スポーツベットアイオー 0.0001BTC相当額以上 VISA/Mastercard
BeeBet 10ドル以上 VISA/Mastercard
22bet 162円以上 Mastercard/VISA
ピナクルスポーツ 1000円~7万円 VISA/JCB/Mastercard
賭けっ子リンリン 1200円~30万円 VISA/JCB/Mastercard

それぞれのブックメーカーについて、利用上のメリットを解説します。

『関連記事』
VISAで入出金できるブックメーカー
マスターカードで入金・出金できるブックメーカー
JCBで入出金できるブックメーカー

クイーンカジノ】ボーナス消化率100%のクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるクイーンカジノ

>【公式】クイーンカジノ

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 30ドル以上1000ドル以下
クレジットカード入金手数料 無料

クイーンカジノはVISA、JCB、マスターカードの3ブランドのクレジットカードで入金できるブックメーカーです。毎回の入金で出金条件10倍の10%ボーナスという、なかなか好条件のボーナスを獲得可能です。

クイーンカジノの入金ボーナス

ボーナスはカジノ部門とも併用でき、スポーツにおける賭けでは100%出金条件を消化することができます。ブラックジャックやルーレットなどのテーブルゲームと比べると、かなり出金条件を消化しやすいということです。

1回あたり受け取れるボーナスの最大金額は100ドルなので、一気に大きく増やすことはできません。

しかし受け取り回数に制限はないため、毎回の入金時に獲得していけば、コツコツと着実に資金を増やすことができます。

ボンズカジノ】試合のストリーミング視聴が可能なクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるボンズカジノ

>【公式】ボンズカジノ

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 500円以上25万円以下
(カードブランドにより下限、上限は異なる)
クレジットカード入金手数料 無料

ボンズカジノもクレジットカードで入金できるブックメーカーです。ボンズカジノはとにかく勝ちやすい特徴を多く搭載している点に特徴があります。

特にインプレーの対象試合をストリーミング視聴できるのは大きな魅力です。

インプレーの対象試合をストリーミング視聴できる

実際に試合の映像を見ながら賭けを楽しむことができるため、賭けの的中率も大きく高まります。少しイレギュラーですが、実際には賭けを行わず、単にスポーツの試合を視聴するためというようなボンズカジノの使い方も可能です。

実際にはDAZNやスカパーなど、月額課金サイトに登録しなければ視聴できない試合でも、ボンズカジノを通して無料で視聴することができてしまいます。

カスモ】スポーツブック専用ウェルカムボーナスが魅力のクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるカスモ

>【公式】カスモ

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 15ドル以上2000ドル以下
クレジットカード入金手数料 無料

カスモは2021年にブックメーカーを新設したことにより、カジノと同一アカウントでスポーツの賭けも楽しめるようになりました。クレジットカードでの入金も、VISA、JCB、マスターカードの3ブランドに対応しています。

カスモのスポーツ部門では、初回入金時に最大250ドルの100%ボーナスを獲得できます。

カスモの初回入金ボーナス

出金条件はわずかに8倍しか付帯しないということで、かなり好条件のボーナスです。

またカジノ部門でも曜日によっては出金条件が付帯しないお得な入金フリースピンを貰えることがあります。

カスモの入金フリースピン

スポーツ部門での賭けに抵抗があるという場合には、カジノ部門で貰ったボーナスを原資にスポーツの賭けに利用してみるというのもおすすめです。

ギャンボラ】スピーディな出金に定評があるクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるギャンボラ

>【公式】ギャンボラ

対応クレジットカードブランド JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 10ドル以上2500ドル以下
(JCBは1000ドルが上限)
クレジットカード入金手数料 無料

ギャンボラはマスターカードおよびJCBの2ブランドのクレジットカードで入金可能なブックメーカーです。

他のブックメーカーと比べて高めのオッズが設定されることが多いとも言われているため、少しでも有利なオッズで賭けを行いたいプレイヤーにはギャンボラがおすすめです。

カジノ部門でガンガン稼げる「ギャンボラプラス」のような尖った特徴こそないものの、ブックメーカーとしての使いやすさは間違いありません。

また出金も比較的スピーディということで好評です。大きく稼いだ後、なかなか指定口座に着金しないというストレスを味わう必要がない点も、ギャンボラを利用する大きなメリットと言えます。

カジ旅】ベットで貰えるルビーがお得なクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるカジ旅

>【公式】カジ旅

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard/DISCOVER
クレジットカード入金可能額 15ドル以上2500ドル以下
クレジットカード入金手数料 無料

カジ旅もクレジットカードで入金できるブックメーカーです。DISCOVERブランドのクレジットカードで入金できるということで、貴重な存在とも言われています。

カジ旅ではカジノ部門、スポーツ部門でのベットを通じてルビーというコンプポイントを稼ぐことができます。

カジ旅のコンプポイント「ルビー」

ルビーを一定数以上貯めると、ルビーストアにおいてお得なアイテムと交換可能です。ルビーストアではスロットで使えるフリースピンと、スポーツ部門で使えるフリーベットがラインナップされています。

カジ旅のルビーストア

フリーベットから獲得した勝利金には出金条件が付帯しないため、フリースピンと比べてもお得です。どんどん賭けを行い、どんどんルビーを獲得していくことで、カジ旅で資金を稼ぐ効率も高まっていきます。

NetBet】通常よりも高オッズが設定できるクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるNetBet

>【公式】NetBet

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 10ドル以上2500ドル以下
クレジットカード入金手数料 無料

NetBetはVISA、JCB、マスターカードの3ブランドのクレジットカードで入金可能なブックメーカーです。

NetBetでは一部のオッズが他社よりも高めに設定されるNetBetブーストという機能があるため、お得なオッズでベットしたいと考えているプレイヤーには必見です。

オッズが他社よりも高めに設定されるNetBetブースト

基本的にはサッカーの試合がNetBetブーストの対象となるので、自信がある賭け式については積極的にNetBetブーストを活用してみましょう。

またネットベットではブックメーカーで稼ぐ上で必須と言われるキャッシュアウト機能を利用することができます。

ネットベットのキャッシュアウト機能

キャッシュアウトを使って負けながらも一定の資金を回収することで、着実に資金を増やすことが可能です。

スポーツベットアイオー】自分でオッズを高める機能があるクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるスポーツベットアイオー

>【公式】スポーツベットアイオー

対応クレジットカードブランド VISA/Mastercard
クレジットカード入金可能額 0.0001BTC相当額以上上限なし
クレジットカード入金手数料 4%程度

スポーツベットアイオーはクレジットカード入金でビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を購入できるブックメーカーです。

スポーツベットアイオーは仮想通貨を購入できる

そのためクレジットカードで入金した資金は仮想通貨ウォレットに入ります。しかし仮想通貨での賭けに難しさを感じる場合には、法定通貨に振り替えてベットすることも可能です。

スポーツベットアイオーを利用する最大のメリットとしては、オッズを自分自身で高めることができる「プライスブースト」という機能の存在が挙げられます。

スポーツベットアイオーの「プライスブースト」

プライスブーストは1日1回、各種目に利用可能です。

ブックメーカーで稼ぐ上ではいかに高いオッズにベットするかが非常に重要となります。そのため自由にオッズを高めることができるプライスブーストは、業界でも有数の神機能と言えるでしょう。

BeeBet】高校野球にもベットできる珍しいクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるBeeBet

>【公式】BeeBet

対応クレジットカードブランド VISA/Mastercard
クレジットカード入金可能額 10ドル以上上限なし
クレジットカード入金手数料 2.25%

BeeBetもクレジットカードで入金できるブックメーカーです。BeeBet自体はさほど知名度があるわけではないものの、業界では珍しく高校野球(甲子園)にもベットできるといった特徴もあります。

あまり名が知れてないことで利用上の不安を感じる方も多いと思いますが、BeeBetでは新規でアカウント登録をしたばかりのユーザーが、30ドル分の無料ボーナスを獲得可能です。

BeeBetの無料ボーナス

アカウント登録後に「NEWNONDEP30」というボーナスコードを入力する必要があるので、忘れずに申請するようにしましょう。

出金条件は12倍、ベットリミットなし、最低オッズは1.3倍以上とかなり好条件のボーナスです。アカウント登録時にのみ貰える唯一のチャンスなので、みすみす逃してしまうことがないように注意してください。

22bet】スポーツブック関連のボーナスが豊富なクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できる22bet

>【公式】22bet

対応クレジットカードブランド Mastercard/VISA
クレジットカード入金可能額 162円以上上限なし
クレジットカード入金手数料 無料

22betもクレジットカードで入金できるブックメーカーです。スポーツブック関連のボーナスが非常に多く用意されているため、ボーナス好きのプレイヤーは満足のいくプレイを楽しむことができます。

22betのスポーツブック関連ボーナス

特に毎週金曜日の入金が対象になるフライデーリロードボーナスはおすすめです。

一般的にブックメーカーのレギュラー入金ボーナスはレートが低めに設定されているものの、22betでは100%というハイレートのボーナスを受け取ることができます。

しかも出金条件はわずかに3倍、最低オッズは1.40倍ということで使いやすさも抜群です。

 アカウントから資金を引き出すにはボーナスがクレジットされてから24時間以内にボーナスの3倍の額をアキュムレータベットでベットする必要があります。各アキュムレータは3つ以上のセレクションを含めてください。各アキュムレータで少なくとも3つのセレクションが1.40以上のオッズである必要があります。
引用元:22Betからのボーナスと賞金

毎週コツコツと資金を増やしていきたいならば、積極的に活用したいボーナスです。

【ピナクルスポーツ】業界で唯一アービトラージを歓迎するクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できるピナクルスポーツ

>【公式】ピナクルスポーツ

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 1000円以上7万円以下
(JCBは2万円以下)
クレジットカード入金手数料 無料

ピナクルスポーツもクレジットカードでの入金を行えるブックメーカーです。ピナクルスポーツは日本市場において最も稼ぎやすいということでユーザーからも高く評価されているブックメーカーです。

稼ぎやすい理由は色々とありますが、特にアービトラージを歓迎しているという点は大きな要因と言えます。

ピナクルスポーツはアービトラージを歓迎

アービトラージとはブックメーカーごとのオッズの歪みを利用した攻略法で、うまく活用できれば必ず利益を獲得可能です。

多くのブックメーカーでは禁じ手として煙たがられているだけに、確実に稼ぎたいならばピナクルスポーツを利用するようにしましょう。

【賭けっ子リンリン】迷ったら選ぶべき日本人向けのクレジットカード入金対応ブックメーカー

クレジットカードで入金できる賭けっ子リンリン

>【公式】賭けっ子リンリン

対応クレジットカードブランド VISA/JCB/Mastercard
クレジットカード入金可能額 1200円以上30万円以下
クレジットカード入金手数料 無料

賭けっ子リンリンもクレジットカードを使って入金できるブックメーカーです。

賭けっ子リンリンは2021年に10betから商号を変更して誕生しました。10betは日本市場において最も使いやすいブックメーカーとして知られており、もちろん賭けっ子リンリンも抜群の使いやすさを誇っています。

日本語対応のブックメーカーは数多くありますが、あまりにも選択肢が多くて、逆にどの業者を利用すべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

とにかく迷って業者を決められないという場合は、賭けっ子リンリンを選んでおけば間違いありません。

賭けっ子リンリンの為替手数料キャッシュバック

JCBかマスターカードのクレジットカードで入金した場合には、お得な為替手数料キャッシュバックを受けることもできます。

ボーナスも色々と充実しているので、あまり多くの資金を用意できないプレイヤーにもおすすめです。

ブックメーカーのクレジットカード入出金に関する注意点を解説

クレジットカードを使えば手元に資金がなくてもブックメーカーに入金できるということで非常に便利です。しかし適正に利用する上では、いくつか知っておきたい注意事項もあります。

具体的にどのような点に注意する必要があるのか、詳しく解説します。

ブックメーカーではクレジットカードを出金方法としては利用できない

ブックメーカーにおいてクレジットカードはあくまでも入金方法として利用できるのみです。出金手段としては、どのブックメーカーにおいてもクレジットカードを利用することができません。

そのためクレジットカードでブックメーカーに入金した場合には、別途出金用の口座を開設しておく必要があります。主に利用可能な出金方法は以下の通りです。

  • 銀行送金
  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット
  • スティックペイ
  • マッチベター
  • タイガーペイ

どの出金方法を利用できるかは、ブックメーカーサイトごとに異なります。迷ったらとりあえずエコペイズを選択しておけば、出金に困ることはないはずです。

ブックメーカーの出金に便利なエコペイズ

『関連記事』
ブックメーカーの入金方法!入金の種類と入金の仕組み・おすすめ入金方法

ブックメーカーのクレジットカード入金には情報流出や不正利用のリスクがある

クレジットカードでブックメーカーに入金する際は、通常の通信販売での決済と同じように、カード情報が流出してしまうリスクがあります。ブックメーカー各社はサイトに暗号化システムを搭載しているものの、決して盤石ではありません。

実際にブックメーカー業界やオンラインカジノ業界においては、入金に利用したクレジットカードの情報が流出して、不正利用の被害に遭ったというような事例もあります。

現代において情報が流出してしまうのはある意味仕方がないことです。そのため万が一情報が流出しても、被害が拡大しないように対策を講じることが重要となります。

一例としては3Dセキュア(本人認証サービス)の設定がおすすめです。

クレジットカードの3Dセキュア

3Dセキュアを設定しておくと、クレジットカードで決済する度にワンタイムパスワードや秘密の質問などによる追加認証が行われます。

そのため万が一カード情報が流出したとしても、不正利用の被害に遭うリスクはかなり小さくすることが可能です。

ブックメーカーのクレジットカード入金は想定よりも高額の手数料を強いられることが多い

クレジットカードでブックメーカーに入金する際には、想定以上の手数料支払いを強いられることが多々あります。ブックメーカー側でクレジットカードの入金手数料を無料としている場合でも、カード側では手数料が発生するためです。

ブックメーカーへの入金は、基本的に「海外加盟店での決済」という取引にカテゴライズされます。そのため海外旅行中にクレジットカードで決済した時と同じように、海外決済事務手数料が発生してしまうのです。

例えば楽天カードの場合には、カードブランドに応じて以下の通り海外決済事務手数料を徴されます。

ブランド名 事務手数料
Mastercard 1.63%
American Express 2.00%
Visa 1.63%
JCB 1.60%

引用元:海外決済の適用レート・手数料の確認|楽天カード (rakuten-card.co.jp)

クレジットカードの利用可能額ギリギリでの入金を試みる場合には、きちんと手数料面も考慮しておかなければなりません。手数料を無視していると、利用限度額の超過によって入金できないという事態にもなり得ます。

ブックメーカーに入金後はクレジットカードの認証が必要

ブックメーカーへのクレジットカード入金が完了したら、出金に向けた準備としてクレジットカードの認証を行う必要があります。

すべきことは入金に利用したクレジットカードの表裏画像を撮影した上で、所定の方法によりアップロードすることです。

基本的にはどのブックメーカーを利用する場合であっても、認証が求められます。認証が完了しない限りは、ブックメーカーから資金を出金することはできません。

出金する段になってからなかなか審査が進まず、ストレスを感じてしまうということがないように、クレジットカード入金後はなるべく早めに手続きを済ませておくようにしましょう。

クレジットカードの利用明細には「ブックメーカーへの入金」とは記載されない

クレジットカードを使ってブックメーカーに入金した場合、利用明細にブックメーカーへの入金であると直接分かるような形では記載されません。

実際の記載方法はブックメーカー各社により異なりますが、基本的には中間決済業者の名前が記載されます。

中間決済業者の名前が記載

というのもクレジットカードによる入金は、カード会社からブックメーカーに対して直接送金が行われているわけではないためです。実際には仮想通貨業者などの中間決済業者を経由する形で入金が行われます。

パチンコの景品交換における3店方式と同じようなイメージです。そもそもクレジットカード会社として、オンラインカジノやブックメーカーへの送金を強く規制しているため、中間決済業者を経由するという入金形式を採用しています。

そのためいつ、どのブックメーカーに、どれだけの金額を入金したのか把握したいという場合には、決済の都度自分自身で記録を取っておく必要があります。

ブックメーカーにクレジットカードで入金できない原因と対策

ブックメーカーにクレジットカードで入金しようと思っても、様々な理由があってうまく入金できないことがあります。入金できない時には何かしら原因があり、原因に応じた対策を講じなければ入金することはできません。

具体的に入金できない時に考えられる原因および対策について、詳しく解説します。

入金額がクレジットカードの利用可能枠を超過している

クレジットカードの利用可能額を超過する金額でブックメーカーに入金申請をしている場合には、当然入金できません。

利用可能枠の範囲内でしか入金できない

例えばクレジットカードの利用可能枠が30万円ある状態で40万円の入金をしようとしても、限度額超過により決済は拒否されます。

上述したように諸々の手数料を考慮する必要もあるため、なるべく利用可能枠に対して余裕のある金額に設定して入金を行うようにしましょう。

クレジットカード会社のセキュリティが発動している

ブックメーカーにクレジットカードで入金できないのは、クレジットカードのセキュリティが発動しているということも考えられます。

ブックメーカーへの入金は高額になりやすく、さらに海外への送金という形を取っていることからも、不正利用として見なされやすいためです。

最近はクレジットカードの不正利用による被害も頻発しているため、クレジットカード会社としてもセキュリティを強化しています。

カード不正使用防止に向けた当社取組みについて

昨今、国内においてもクレジットカードの不正被害が増加しております。

当社では、お客さまに安心してクレジットカードをご利用いただくため、不正使用検知システムを導入し、24時間365日体制でモニタリング(不正使用の監視)を行っておりますが、万が一、お心当たりのないご利用や不審な点がございましたら、当社窓口までお問合せくださいますようお願いいたします。

引用元:カード不正使用防止に向けた当社取組みについて|オリコ (orico.co.jp)

しかしセキュリティ自体は、解除の手続きをすれば問題ありません。クレジットカード会社に連絡をして、「間違いなく自分自身の利用である」という旨を告げるとセキュリティを解除してもらうことができます。

クレジットカードに関する情報を誤入力している

クレジットカードでブックメーカーに入金する際は、カードに関する様々な情報を入力する必要があります。

当然すべての情報を正しく入力しなければ、決済は実行されません。あわてて入力すると間違ってしまう可能性も高いので、じっくりと正確に入力することを心がけましょう。

なおスマートフォンで入金する場合には、クレジットカードの読み取り機能を利用すると便利です。必要な情報はほとんど読み取ってくれるので、後はCVVさえ入力すればOKという状態になります。

ブックメーカーのアカウントと異なる他人名義のクレジットカードで入金

ブックメーカーの入金に利用するクレジットカードは、アカウントと同じ自分名義でなければなりません。他人名義のクレジットカードを利用した場合は正しく入金できず、仮に入金が成功したとしても、出金できない可能性があります。

金融口座やクレジット/デビットカードを使って資金を入金した場合、賭けっ⼦ リンリンが保持する顧客アカウントに登録されている名前は、金融口座/カードに登録されている名前と一致しなければなりません。
引用元:Help – terms-and-conditions (kakekkorinrin.com)

匿名で入金したい場合はプリペイドカードを使うおいう選択肢もありますが、名義が本人名義でないことが多いため、あまり利用はおすすめできません。

必ず自分名義のクレジットカードを使って入金するようにしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる